50 TH ANNIVERSARY
50 TH ANNIVERSARY

株式会社MJCは、2022年(令和4年)
で創業50年を迎えました。
これまでMJCを支えてくださった行政・企業・地域のみなさまに、
心より感謝申(shen)し上げます。

  • HOME
  • 50周年(nian)特設(she)ページ

1972年、小(xiao)さな会社の一歩を踏み出しました。

若(ruo)輩(bei)ゆえに経(jing)験も足(zu)りず、文字どおり無我夢中でした。大海の荒波に揉まれるなか、しかし私は、発進にあたって握りしめていた想い、「世の中に意義あるあたらしい価値を幾年(nian)かかってでもかたちにしていきたい」との想いを手放すことだけはしませんでした。

刻々と変(bian)わる時代背景のもと、前進のための機(ji)敏な変(bian)化(hua)を心がけつつ、その想いは小(xiao)さな会社(she)の大きなこころざしとして生きつづいていると信じます。ただし、そのこころざしの継(ji)続が、私たちの力だけで得られなかったのはあらためて申し述べるまでもありません。

支えられ、励まされ、導かれなければ、とうてい実(shi)ることはありませんでした。創立五(wu)十年の記念に編んだ一冊に「こころざしと感謝とー」の語(yu)を副題として掲(jie)げましたように、MJCの五(wu)十年に刻まれているものは何かと考(kao)えると、やはり「感謝」以外(wai)に見(jian)当たりません。

五十年というひとつの節目に、こうしたあふれる感謝(xie)によって、あらためて胸が満たされることをこのうえないよろこびとして、ささやかなご挨拶にかえさせていただきます。

代表取締役社長 川崎 友裕

50周年記念誌COMMEMORATIVE PUBLICATION

このたび、創業50周年記念の一環として、これまでの50年間を振り返り、
記(ji)念(nian)誌「MJC半世紀—こころざしと感(gan)謝と—」を上梓いたしました。

本誌の表紙カバーの絵画は、トッパン・フォームズ株式会社の元社長会長の福田(tian)泰弘様にご制作いただいた作品です。MJCのこころざしの象徴ともいえる「ソフトウェア研(yan)究所(suo)」が題(ti)材となっています。

福田様は、代表である川崎を長年に渡(du)り導いてくださった恩師でもあります。

50周年記念誌 COMMEMORATIVE PUBLICATION

目次

  • 1.はじめに

    やわらかな熱意と、ゆるがぬ決意

    2.冬に耐えて力を溜める

    一(yi)九七(qi)(qi)二(昭和四十七(qi)(qi))年、宮(gong)崎に小さな会社が生まれた

    3.外へ向かい窓を開けた

    ひたすら前へ進み、意欲的に進出(chu)してゆく

    4.新分野へ ひたむきに挑む

    発(fa)想ゆたかなシステムを開(kai)発(fa)し、新しい世界に向き合っていった

    5.創業時からの想い

    情報技術によって、「いのちを守る」ということ

    6.社会的テーマに取り組む

    磨いてきた技術力を駆使し、消(xiao)防へ、医療(liao)へ、福祉へ

  • 7.全社が連携して 臨んでゆく

    必要(yao)は発(fa)想の母、ピンチはチャンスの創(chuang)出

    8.明日を語ろう

    今日は貴重(zhong)な過去(qu)の積み重(zhong)ね、これからの旅の第一日目

    9.結びとして

    成(cheng)長とは、こころを研ぎ澄ますこと

    五十年の点描

    資料(liao)写(xie)真と年(nian)表(biao)による歴(li)史(shi)

    あふれる感謝を

    あとがきにかえて

本誌は宮崎県立図書館に寄贈させていただいております。
ご興味(wei)のある方は是非一度(du)お手に取ってご覧になってください。

また、本誌に関するお問い合わせにつきましては、
お問い合わせフォームよりご連絡(luo)ください。