プロジェクトサービスPROJECT SERVICE

九州の豊かな開発ロケーションと
総合的なシステム開発サービスをご提供

九州(zhou)(福岡・宮崎)に豊(feng)かな開発ロケーションがあります。

ここでは蓄積した各業種・業務に関する知識・知見(jian)や豊(feng)富な経験に裏付けられたシステム開(kai)発論/ツール技術(shu)など各種要素(su)技術(shu)を駆(qu)使して、最適なシステム開(kai)発と体制をご提案致します。

お客(ke)様との会話を大(da)切にしながら、幅広いニーズに的確に対応し、システムの設計、開(kai)発を実現し、お客(ke)様の経営効(xiao)率(lv)の向(xiang)上をサポートします。

ニアショア開発事業NEARSHORE

事業概要

ニアショア開発事業は、都市部におけるシステム開発プロジェクトを国内地方拠点おいて請負う事業です。オフショアの場合、言葉や文化・習慣の違いによるコミュニケーション不足や品質の問題、カントリーリスク等が懸念されます。
当社(she)のニアショア開発の特徴(zheng)としましては、お客様(yang)に寄り添いながら、案件に合わせて以下の2つの開発パターンの中から最適な開発パターンをご提案させて頂きます。

  • 1.要件定義~運用テスト(運用保守も含めて)の工程を当社で完結させるパターン
  • 2.弊社とオフショアもしくは国内別パートナーで、工程を分担しながら、進めていくハイブリッドパターン

開発事業の基本方針

  • 1.ノウハウの再利用

    当(dang)社の蓄(xu)積したノウハウを再(zai)利用し、品質の確保及(ji)び納期の遵守を図ります。

  • 2.開発体制の早期確立

    基(ji)本事項(開発規(gui)模(mo)、役割分担、見積り等(deng))を早期(qi)に確(que)定し、速やかに開発体制を確(que)立すると共に、開発中の混乱とリスクを回避します。

  • 3.保有技術の有効活用

    今まで蓄積された技術に最(zui)新(xin)技術を取り入れ、円滑なシステム開(kai)発を推進します。

各開発フェーズのアプローチ

  • 1.要件定義~運用テスト(運用保守も含めて)の工程を当社で完結させるパターン

本(ben)社・各支(zhi)社の担当営(ying)業により顧客(ke)契約を行います。

  • 2.弊社とオフショアもしくは国内別パートナーで、工程を分担しながら、進めていくハイブリッドパターン

本社・各支社の担当営業により顧客(ke)契(qi)約を行います。


システム開発プロセス


開発体制

ニアショア開発事業

業(ye)務ノウハウ習得後、上流工程担(dan)当SEは下流工程持ち帰(gui)り案(an)件(jian)を切り出し、国内(nei)ニアショア開発のブリッジSEとしてお客様(yang)企業(ye)と弊社(she)(各(ge)拠点)の橋(qiao)渡しを行います。

弊社開発体制

弊社(各(ge)拠点(dian))において、ニアショア開発グループを作(zuo)り、一部工(gong)程(プログラム、単(dan)体試験(yan)など)に関しては、オフショアもしくは国内別パートナーと連(lian)携して開発を進めます。

開発グループにおいては、各業(ye)務ごとにプログラマーを割り当てることで業(ye)務ノウハウの蓄積を図り、品(pin)質向(xiang)上および生産性の向(xiang)上を実(shi)現(xian)します。

初期ステップでは品(pin)質確保・納期確保を優先し、標準・ガイドの整備、以降のプロジェクトに備えた人材育成などを含めて管(guan)理体制の整備に重点(dian)を置きます。

実績

  • 金融系システム
  • 基盤製造生産管理システム
  • タイヤ製造生産管理システム
  • 教育会計システム
  • 家電量販店販売管理システム
  • 流通基幹システム